月島のもんじゃストリートから一つ路地に入った先にあるバーの計画。

街区ごとの開発がすすみ、ありふれた風景に整理されていくなか、この路地には室外機/換気扇フード/植木棚などが無秩序に溢れ、一昔前に見慣れた路地裏の風景がまだ残っている。

今回の計画では間口2m、5坪という狭い敷地のため、工程を単純化する事を設計のスタートとした。

まずは床の不陸をただす為の左官工事が入る。その際に家具の足や土台までつくることで工事の6~7割が終える。その上に工場で製作された家具を設置していき、最後に設備機器を取付けて完了する。これによりむき出しになってくるコンクリートブロックや亜鉛メッキの表情がそのまま店の個性となるよう試みた.

結果、構造物と家具の対比が際立ち、狭いながらも立体感のある空間となった。

設置する家具/設備が目の前の路地の無秩序さと同調して、バーという閉ざされた世界観をもちながらも街と親和性の高い空間を目指した。

 

title : Bar Ley

type : interior

location:1-6-12 1F,Tsukishima,Chuo-ku,Tokyo,Japan

program : bar

floor area : 13.18㎡

construction : todo, PROMENADE FURNITURE

photo : Takumi Ota

start date : 07/2014

completion : 11/2014 

This is a remodeling project of the bar which in a back allay of "Monja Street".

Under urbanization by blocks, this area still has the scenery that was seen well an age ago, many flower pots, exposed outdoor unit and ventilation etc.

We just simplify the work process because of its 2meters of frontage and small site, only 16.5 ㎡

First, plastering to level the floor. On this occasion, we also build the legs of furniture and base, so that we finish 60-70% of the work. Then we put the furniture on them and install equipment. In this way, we make these bare concrete blocks and expression of galvanizing as individuality of this bar.

Seeing generally, the comparison of the structure and furniture stands out and the room goes three-dimensionally. We tried to make this space match this disorderly cityscape while it has closed view of the world as a bar.